2009年10月09日

デジタルビデオカメラの選び方 〜 ヒットチャ−ト

デジタルビデオカメラの選び方 〜 売れ筋商品ヒットチャ−ト


旅行先などで大活躍のデジタルビデオカメラは、記憶媒体として
ハードディスクを内蔵していて、メモリースティックやSDカードを
併用できるタイプが多く発売されています。

ビデオカメラ本体だけで長時間撮影できる便利さや、
小型軽量化に有利な点が魅力のようです。

画質面ではテレビの高画質化に合わせ、水平1920画素、
垂直1080画素と高精細なフルハイビジョン(フルHD)に
対応した商品が人気の中心となってきています。


一番安い SONY の「HDR-SR12」を探す

No.1 ソニー HDR-SR12
120ギガ・バイトの内臓ハードディスクは最長約48時間記録可能です。

動画も写真も対応の顔検出機能を搭載しています。
フルHD機種です。諧調(明暗の差)の表現が素晴らしく、
細部まで画像情報がとても多くなっています。
ソニー HDR-SR12


一番安い SONY の「HDR-SR11」を探す

No.2 ソニー HDR-SR11
60ギガバイトのハードディスクを内蔵しています。1位の機種
「HDR-SR12」同様メモリースティックへの記録可能となっています。
顔認識機能も搭載しています。

機能は1位の機種「HDR-SR12」と同じです。顔検出機能の採用は
最近のトレンドです。
操作性も良く、安定した撮影胃が可能です。
ソニー HDR-SR11


一番安い Victor の「GZ-MG330」を探す

No.3 ビクター GZ-MG330
スリムなデザインに30ギガバイトのハードディスクを搭載しています。
マイクロSDカードにも記録可能となっています。

デザイン性を追及した機種です。
コンパクトでおしゃれなのが魅力ですが、スタンダード画質なのが
残念です。
ビクター GZ-MG330


一番安い Panasonic の「HDC-HS9」を探す

No.4 パナソニック HDC-HS9
60ギガバイトのハードディスクを内蔵しています。
顔を見つけて露出などを自動補正し表情まできれいに写す
「おまかせ顔認識」を搭載しています。

くっきりしたフルHD画質です。
SDカードでの記録にも対応しています。
パナソニック HDC-HS9


一番安い Canon の「iVIS HF10」を探す

No.5 キャノン iVIS HF10
約6時間記録できる16ギガバイトの内臓メモリーを搭載しています。
SDカードにも対応しています。

キャノンはフルHD画質が特にきれいなのが特徴です。
明確で解像度の高い映像は業界でも評価が高い機種です。
キャノン iVIS HF10


一番安い Panasonic の「HDC-SD9」を探す
No.6 パナソニック HDC-SD9
SDカード採用による小型軽量ボディーです。

フルHD画質で記録でき、「おまかせ顔認識」も搭載しています。
パナソニック HDC-SD9


一番安い SONY の「HDR-TG1」を探す
No.7 ソニー HDR-TG1
撮影可能状態で重さが約300グラムと軽量なのが特徴です。

メモリースティックにフルHD画質で記録可能です。
顔検出機能も搭載しています。
ソニー HDR-TG1


一番安い HITACHI の「DZ-HS803」を探す
No.8 日立 DZ-HS803
DVDと8ギガバイトのハードディスクに記録できます。

大気中から約1秒で撮影可能となるのが特徴です。
日立 DZ-HS803


一番安い Canon の「iVIS DC300」を探す
No.9 キャノン iVIS DC300
DVDに最大約108分の連続撮影が可能です。

ズームは最大約41倍まで画質劣化なく使えるのが特徴です。
キャノン iVIS DC300


一番安い Victor の「GZ-MG575」を探す
No.10 ビクター エブリオ GZ-MG575
40ギガバイトのハードディスクを内蔵しています。

SDカードにも対応し、動画も写真も記録可能です。
ビクター GZ-MG575


デジタルカメラでは定番になりつつある「顔検出・認識機能」は、
ソニーとパナソニックの機種が搭載されています。

いずれも、動画、静止画の両方に対応し、被写体の中から顔部分を
自動的に見つけてピントを合わせたり、逆光時の露出補正も可能です。

もっと気になるデジタルビデオカメラの使用感想・口コミ情報をみる




デジタルビデオカメラの選び方〜選択のポイントへ



デジタルビデオカメラの選び方〜記録テープ(メディア)の特徴へ



デジタルビデオカメラの選び方〜メーカーの特徴へ



posted by s at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。