2009年09月20日

小型ビデオカメラ ハンディカムHDR-TG1/ソニー VS ザクティDMX-HD1010/三洋電機

小型ビデオカメラ ハンディカムHDR-TG1/ソニー VS ザクティDMX-HD1010/三洋電機


小型ビデオカメラは持ち歩きに便利で、日常シーンを
手軽に撮影するのに人気があります。

運動会や旅行などイベント時の撮影が目的のビデオカメラより軽く、
オシャレなデザインが多く見られるのが特徴になります。


一番安い SONY の「ハンディカムHDR-TG1」を探す

No.1 ソニー ハンディカムHDR-TG1
ソニーの「ハンディカムHDR-TG1」はハイビジョンビデオカメラ
として業界最小、最軽量級です。

本体にほとんど凹凸がなく、液晶画面を閉じるとほぼ直方体になり、
ポケットから簡単に取り出せるデザインです。

持ち歩く機械が多いために、軽くて丈夫なチタンを採用しています。
また、独自の表面処理を施し、傷が付きにくくなっています。

電源を入れておけば、液晶画面を開くと一秒で起動し、
撮影可能になるのが特徴です。

さらに、映像と音声のズームが連動し、臨場感にあふれる映像の
撮影が可能です。

ソニー ハンディカムHDR-TG1


一番安い SANYO の「ザクティDMX-HD1010」を探す

No.2 三洋電機 ザクティDMX-HD1010
三洋電機の「ザクティDMX-HD1010」はグリップが傾いた独自の
形状により、カメラを構えたとき、手首にかかる負担が
小さくなります。

400万画素で撮影した静止画の画素を補って800万画素相当で
記憶することができます。

パソコンで扱いやすい撮影モードもあり、高画質の映像が
いろいろな形で楽しめそうです。

フルハイビジョン映像の水準は高いですが、
色再現はやや単調気味なようです。
三洋電機 ザクティDMX-HD1010

どちらもメモリ−カードを使用しているため、ビデオカメラで
主流のハードディスクより記録時間は短くなっており、
電池も長時間タイプは用意されていません。

ただ、顔認識などの最新機能は備わっています。

もっと気になる小型ビデオカメラの使用感想・口コミ情報をみる


デジタルビデオカメラの選び方〜選択のポイントへ



デジタルビデオカメラの選び方〜記録テープ(メディア)の特徴へ



デジタルビデオカメラの選び方〜メーカーの特徴へ



デジタルビデオカメラの選び方 〜 ヒットチャ−トへ

posted by s at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。