2009年06月28日

スチームオーブンレンジの選び方 〜 ヒットチャ−ト

スチームオーブンレンジ 〜 売れ筋商品ヒットチャ−ト


スチームオーブンレンジは水蒸気で食材を調理する注目の
調理家電です。
「過熱水蒸気」という、最大400度近くまで水を過熱する機能が
最大の特徴となっています。

過熱水蒸気を使うと、食材の中のビタミンなどは壊さずに、
余分な脂肪分や塩分を溶け出させる事ができるので、
ヘルシーな料理を作ることができると好評です。

一番安い SHARP の「ヘルシオ AX-X1」を探す

No.1 シャープ AX-X1
「ヘルシオ」の新製品で主力モデルです。
3.5型のカラー液晶が搭載されています。

過熱水蒸気だけで焼くのが最大の特徴です。
減らせるカロリーが液晶画面に表示されるのもユニークな機能です。
シャープ AX-X1


一番安い PANASONIC の「NE-R3000」を探す

No.2 パナソニック NE-R3000
上段はヒーター、下段はマイクロ波で「焼く」と「煮る」など
異なる調理が同時にできるのが特徴です。

同時に2品を調理できる機能は斬新で、レンジの本分である
「早くて便利」を追求したオーブンレンジです。
パナソニック NE-R3000


一番安い HITACHI の「MRO-DS7」を探す

No.3 日立 MRO-DS7
容量22リットルの中型モデルです。
熱に壊れやすい栄養素を守る「低温調理」機能を搭載しています。

本格的な過熱水蒸調理はできませんが、
自動スチーム機能は便利でお手頃なスチームオーブンレンジです。
日立 MRO-DS7


一番安い SHARP の「AX-S1」を探す

No.4 シャープ AX-S1
メニューごとに、カロリー減、減塩、ビタミン保存など、
過熱水蒸気調理の効果が表示されるのが特徴です。

白黒液晶、自動メニューが少ないなど1位の「ヘルシオAX-X1」に比べ
機能は劣りますが、基本性能は網羅しています。
シャープ AX-S1


一番安い HITACHI の「MRO-DV200」を探す

No.5 日立 MRO-DV200
業界最高の400℃の高温で過熱水蒸気調理できるなど、
機能全般が充実しているのが特徴です。

分量で火加減を自動調整する「はかって両面グリル」など、
細やかな対応力が魅力のスチームオーブンレンジです。
日立 MRO-DV200


一番安い TOSHIBA の「ER-F6」を探す

No.6 東芝 ER-F6
庫内容量21リットルの小型低価格の角皿式スチームレンジです。

自動メニューは30種類あります。
東芝 ER-F6 border=


一番安い SHARP の「RE-S26A」を探す

No.7 シャープ RE-S26A
水を入れた容器を食材と一緒に庫内に入れる
簡易スチーム式のオーブンレンジです。

庫内容量は26リットルになります。
シャープ RE-S26A



一番安い PANASONIC の「NE-R301」を探す

No.8 パナソニック NE-R301
2位の「パナソニック NE-R3000」の下位モデルになります。

「焼く」「煮る」などの同時調理機能はありませんが、
その他の機能はほぼ同じです。
パナソニック NE-R301


一番安い PANASONIC の「NE-A301」を探す

No.9 パナソニック NE-A301
裏返さずに手早く焼ける「両面グリル」機能などを搭載した
低価格モデルです。

庫内容量は30リットルになります。
パナソニック NE-A301


一番安い HITACHI の「MRO-DV100」を探す

No.9 日立 MRO-DV100
冷凍ご飯と冷凍おかずなど温度の異なる食品を
2品同時に温めることができるのが特徴です。
日立 MRO-DV100

健康志向の人には、ヘルシオなど過熱水蒸気付きの
高機能機種のスチームオブンレンジが人気のようですが、
過熱水蒸気を出す方式や温度は製品ごとに違いがあるので、
確認するようにしましょう。

もっとスチームオーブンレンジの使用感想・口コミ情報をみる





posted by s at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子レンジ・オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。