2010年01月01日

陶珍かまど/長谷園

陶珍かまど/長谷園

陶珍かまどとはレンジでチンするだけで、
美味しいご飯が炊ける簡単・便利な調理器です。

かまどの味を電子レンジで再現できるのが特徴です。
お米を研いで20分浸水、電子レンジ強で15分加熱後、
そのまま20分蒸らすだけでできあがり。


一番安い 長谷園 の「陶珍かまど」を探す


かまど炊きごはんのおいしさを電子レンジで実現!
おいしいかまど炊きごはん。
上蓋・中蓋・内釜・外釜の 4つのパーツを組み合わせることで、
まるでかまどで炊いたようなふっくらごはんが
電子レンジで炊き上がります。

気孔の多い伊賀の素地に吸水させることで、
その水分が電子レンジのマイクロ波により熱蒸気化され、
釜全体と中の食材を同時に温めることが可能になりました。

そのため食材の芯まで穏やかに熱が伝わり、
電源を切ってからも熱ムラなく温度を保ちながら
「蒸らし」状態に入るので、理想的な炊き上がりになります。
更に呼吸する伊賀の土は木のおひつのように冷めても美味しくいただけます。

陶珍かまど

二重蓋・釜構造
「陶珍かまど」の二重構造によって、ご飯を下からも、
上からも加熱するので、ムラ無く芯まで美味しくご飯を炊きあげる事が出来ます。

● 内・外釜及び中・上蓋は吸水性の高い伊賀の素地の為、
含水した陶器にマイクロ波が作用し二重構造の空間を満たします。

●一般に中の食材だけがマイクロ波で熱せられる容器に比べて、
含水した容器と食材が同時に温度上昇が可能となり
陶器から発せられる遠赤外線効果と相まって食材の芯まで
穏やかに熱が伝わり、ふっくらとした炊きあがりになります。

●気孔の多い伊賀の素地と二重構造により、
保温性をより優れたものとし、電源をOFFにしてからの
「蒸らし」にその効果を発揮することが出来ます。

●内釜が電子レンジ内部の底面より浮かせているため、
マイクロ波が内釜全体に万遍に良く当たり熱ムラなく炊きあがります。

遠赤外線
●加熱による陶器からの遠赤外線効果でお米の芯まで
しっかり熱を通し、ふっくら美味しく仕上がります。

マイナスイオン
● 本体にマイナスイオンを発生し続けるラジウム系鉱石を
施しているので水の分子が細かくなり、お米への浸透性が
良くなるため芯が残らず美味しく炊き上げます。


■「長谷園の 陶珍かまど」で2合に白米を炊く方法

1)2合のお米を研いで400ccの水を加え、
内釜で約20分間、水に浸しておきます。

2)上蓋・中蓋・外蓋に1分以上水を吸わせます。
※十分吸水させた後、外釜に張った水はすてる。
軽く水をきった上蓋・中蓋・外釜と(2)の内釜をセットする。

3)上蓋・中蓋・外蓋・内釜をセットし
電子レンジの強で15分チンする。

4)電子レンジから取り出す際、
本体が大変熱くなっていますので、十分注意して下さい。
テーブルの上に置く時は、付属の敷き板をご使用下さい。

5)そのままの状態で約20分蒸らしたら出来上がり。
(電子レンジの中で蒸らしてもOK)

もっと陶珍かまどの使用感想・口コミ情報をみる


posted by s at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 炊飯器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137125465
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。