2011年09月06日

エアコンの選び方 〜最適な容量を見極める

エアコンの選び方



●最適な容量を見極める

エアコンの売れ筋ランキングはこちら
今、一番売れているエアコンはこちら

適切な能力のエアコンを選ばないと、
いくら運転しても全然部屋が冷えないですし、
暖まらないということにもなりますね。

そのために、適切なエアコン容量を見極めるのが
重要なポイントとなります。

まずメーカーのカタログを見てみましょう。部屋の大きさが
目安として記載されていますが、最低限チェックしたい項目は
「畳数の目安」と「能力」のふたつです。
エアコンの能力は(3.6kWなど)kWで表されます。
そして、この能力に対し、畳数の目安の掲載があります。
それでは、その数値の意味について見ていきましょう。

畳数の目安この畳数の目安は「10〜12畳」と
記載があった場合10〜12畳の部屋に適しているという
意味ではありません。
「木造なら10畳・鉄筋なら12畳」という意味となりますので、
注意が必要です。

能力(kW)
この数値が大きいほど、パワーが強く広い部屋に対応できる
という意味です。( )内の数値は、変更できる能力の幅で、
この最小値が小さいほど、きめ細かな運転ができる
エアコンとなります。

しかし、これだけでは不十分なのです。
より最適な容量を見極めるには、もう少し細かい条件を
加えていかなくてはなりません。
では、容量を決める際のポイントを整理しましょう。

加えて考慮する項目
建物の種類(木造・鉄筋)
建物の断熱性能
部屋の向き
窓の大きさ

これらの条件を伝えて専門家(販売店の人・設備業者の人など)に
アドバイスをもらいましょう。


気になるエアコンの使用感想・レビューを見る


エアコンの選び方 〜「省エネ度」チェック
エアコンの選び方〜メーカー独自の「クリーン機能」に注目
ラベル:冷暖房 空調
posted by s at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。