2009年10月08日

デジタルビデオカメラの選び方〜選択のポイント

デジタルビデオカメラの選び方



デジタルビデオカメラ選択のポイントは、「サイズ」、「画質」と「形状」です。
売れ筋ランキングをみる
今、最も売れているデジタルムービーはコレ


サイズ優先で選ぶ

たとえば、子供と一緒に遊園地に行ってビデオ撮影をする時の
ことを考えてみましょう。
このときに重要なのが「機動性」なのです。
この時の撮影の状況は次のようになります。

・カメラを持ちながら動き回り、撮影をする。
・撮影を終えたらカメラバックにカメラをしまい、
また取り出して撮影する。

デジタルビデオカメラ以外の荷物も持ちながら撮影するわけですから、カメラ本体が大きいと、撮影自体が面倒になってしまいます。

できればカメラバックなど利用せず、他の荷物と一緒に1つのバックで出し入れできると、撮影が面倒になりませんし、撮りたいシーンでもすぐにカメラを取り出し、撮影することができますね。


画質で選ぶ

画質でデジタルビデオカメラを選ぶ場合は、
CCDの数が重要になります。

デジタルビデオカメラの場合、1個のCCDを利用している
1CCDタイプと、3個のCCDを利用している3CCDタイプの
2種類があります。このどちらを選ぶかというのも、
画質選択では重要なポイントになりますよ。

CCDについて
ところで、CCDとはなんなのかを間単にまとめておきましょう。
「CCD」(Charge Coupled Device)は、光を電気信号に変換するもので、受光素子(画素)を並べたものです。
この画素数が多いほど画像は高画質になるのですが、同時に、CCD のサイズも重要です。
すなわち、CCDのサイズが大きいほど受光できる光量が多くなり、
それだけ画質もよくなるからです。

1CCDと3CCD
光はカラーフィルタによって光の3原色であるR(赤)、G(緑)、B(青)に分離して電気信号化されますが、CCDが1個の場合、受光した光を電気処理によってRGBに分離しますが、このときに画質が劣化してしまうというデメリットがあります。

これに対して3個のCCDを利用すると、光をプリズムでRGBに分離し、それぞれの光を専用のCCDによって電気信号化します。
このため、1CCDに比べて色の再現性や微妙な階調を表現できるといったメリットがあります。

フルハイビジョン
高画質なデジタル放送に合わせるように、ホームビデオも高画質な撮影で楽しめるタイプとなっています。

40型を超えるようなフルハイビジョンの大画面テレビでホームビデオを再生されるなら、こちらがおすすめですが、価格もそれなりに高額となります。

スタンダード画質
こちらは、従来のビデオカメラの画質と考えれば良いでしょう。
従来の画質でも充分キレイなので、ホームビデオはあくまで記録だし、自分で撮る画像はそんなに気にしないと思う人なら、こちらでも充分だと思います。


本体形状で選ぶ
デジタルビデオカメラには、大きく分けて本体の形が、
縦長型と横長型(シューティングタイプ)があります。

縦長型
縦長型は小型の厚い本のような形をしており、
コンパクト性に優れ重量が軽めなので、特に女性に人気があります。

横長型
横長型は、一般的なビデオカメラのイメージに近い形をしており、
縦長型と比べてコンパクト性に劣るものの、性能が高い機種が多く、
手ブレしにくいので、できるだけきれいに動画を残したい人にオススメです。


バッテリーの長持ち具合について

デジタルビデオカメラの性能や価格に目がいってしまい忘れがちですが、いくら記録メディアが長時間記録に対応していても、デジタルビデオカメラの電源であるバッテリーが貧弱では思うとおりの撮影を行うことが出来ません。

デジタルビデオカメラを購入する前に「バッテリーが何時間連続稼働できるか」「フル充電にどれくらいの時間を要するか」「○○%の充電は短時間でできるか」などの確認が必要です。

最近では出先でも安心して撮影できるようにと予備のバッテリーを一緒に購入する方も多くなってきているようです。

一番安いデジタルビデオカメラを探す



気になるムービーの使用感想・レビューを見る



ビデオカメラの選び方〜記録テープ(メディア)の特徴へ



デジタルビデオカメラの選び方〜メーカーの特徴へ
posted by s at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。