2009年08月19日

DVDレコーダー・DVDプレーヤーの選び方〜機能と特徴

DVDレコーダー・DVDプレーヤーの選び方


機能と特徴
売れ筋DVD機ランキングを見る

今、最も売れているDVDレコーダー、プレーヤーはコレ



一番安いDVDレコーダー・プレーヤーを探す

長時間録画(HDD)
DVDだと1枚あたり最大8.5GBまでしか記録できませんが、
HDD搭載機であれば、500GB前後まで録画が可能です。
このDVDレコーダーを使えば十分な長時間録画ができますよ。

記録時間の目安
1TB=863時間程度
500GB=442時間程度
250GB=220時間程度
※LP(標準画質)での目安
HDDに取り溜めしておき、残しておきたい物だけDVDやVHSにダビング
することができます。
簡単な編集機能や高速ダビング機能を搭載しているモデルもあります。


一番安い高速ダビングDVDレコーダーを探す

高速ダビング
HDDに録画しつつ、その間にDVDソフトを鑑賞(再生)することも可能です。
チューナーをふたつ積んでいるものであれば、2本の番組を同時録画することも可能。


一番安いWチューナーDVDレコーダーを探す

Wチューナーモデル
デジタルWチューナー
アナログWチューナー


一番安いEPG対応DVDレコーダーを探す

EPG(電子番組表)
電子番組表のことで、TV画面上に表示される番組表から録画したい番組を探し、ボタンを押すだけで時間などを設定してくれます。録画作業がとても簡単になります。

遠隔操作(PC/携帯電話連動)
インターネットや携帯電話経由で、録画予約などが行える機種もでてきています。外出先からも録画を行えるので、予約をうっかり忘れたときも安心です。


一番安いハイビジョンDVDレコーダー・プレーヤーを探す

ハイビジョン録画&再生
ノイズを抑えてハイビジョン映像をより美しく録画&再生します。ハイビジョン映像を見るには、D3/D4端子またはHDMI入力端子が搭載のテレビが必要です。


一番安いデジタルビデオ編集DVDレコーダーを探す

デジカメ・デジタルビデオ編集
DVD/HDD、3in1のレコーダーであれば、簡易ながらデジタル映像データの編集機能がついていることがあります。CMなどを部分的にカットしておきたい場合などに利用できます。


一番安いDVDディスク・メディアを探す

DVDディスク(メディア)規格
「いろいろな規格」が乱立していて混乱してしまいます。簡単な分類目安は、書き込みできる回数と容量が異なっているということに注目してください。また、「±」(DVD±RやDVD±RW)は、「-」も「+」も両方対応しているということを表しています。

規格 容量 書き換え 回数
DVD-R :新規追記のみ。1度記録したデータの書き換えはできない。
4.7GB 1回 書き換え不可

DVD+R :新規追記のみ。1度記録したデータの書き換えはできない。
4.7GB 1回 書き換え不可

DVD-RW :VHSのように、上書きしていく使い方ができる。
4.7GB 可能 1,000回前後

DVD+RW :VHSのように、上書きしていく使い方ができる。
4.7GB 可能 1,000回前後

DVD-RAM :大容量で、パソコンのデータ記録などで主に使われている。
片面4.7G 両面9.4GB 可能 10万回前後

2層DVD-R :新規追記のみ。1度記録したデータの書き換えはできない。
片面2層8.5GB 1回 書き換え不可

2層DVD+R :新規追記のみ。1度記録したデータの書き換えはできない。
8.5GB 1回 書き換え不可

Blu-ray Disc :ソニーが主導する次世代DVD規格のひとつ。
        すでに一部DVDレコーダーに搭載されている。
        現行DVD規格との互換性はほとんどない。
27GB 可能

HD DVD :東芝が主導する次世代DVD規格のひとつ。
     現在、容量や方式などで調整が行われている。
     現行DVD規格との高い互換性を実現しようとしている。
片面単層15〜20GB 2層30〜40GB 可能


最近はメーカーによって様々なこだわり機能を搭載したものがあります。

高級機種のみの機能、メーカー独自の機能など、以下の機能・装備は機種によって対応していないものがありますが、参考にして下さい。

マニュアル録画レート

 録画モード(画質設定)を、XP、SP、LPなどあらかじめ決められたもののほか手動で自分の好きな録画レートに設定出来る機能です。DVD1枚に3時間や1時間半など自由に決められます。
(東芝、シャープ、パイオニアの機種が対応)


一番安いHDMI端子対応を探す

HDMI端子

 HDMI端子付きの液晶・プラズマテレビ等がある場合、この端子・ケーブルで接続するとD端子接続より高画質で楽しめます。(HDMIとは1本のケーブルで映像・音声・制御信号をデジタルで送ることができるインターフェース規格です)


一番安いDV入力端子対応を探す

DVビデオカメラからのダビング用DV入力端子

 DVビデオカメラからダビングし、レコーダーで編集する方はDV端子があるとデジタルでの接続ができます。また、レコーダーと録画・再生のスタートが連動したり、日付やシーンなど撮影時の区切り目にチャプターを設定できる機種もあります。


一番安いSDカードスロット対応を探す

SDカードスロット

 デジカメで撮影した写真や動画を見たり編集したい場合はSDカードスロットがあれば直接レコーダーに取り込め、便利です。テレビの大画面で写真や動画を楽しめます。


一番安いBSアナログチューナ対応を探す

BSアナログチューナ対応

 あと数年(2011年まで)で放送は終了しますが、BSアナログ放送を録画したい方は内蔵機種を選んで下さい。

ゴーストリダクションチューナー

 地上アナログ放送を受信する場合に起こるゴースト(2重映り)を軽減する機能の付いたチューナーです。

DVDレコーダー・DVDプレーヤーの選び方〜タイプと特徴へ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。