2012年01月08日

暖房器具、ヒーター・ストーブの選び方 〜発熱体の種類と安全機能

暖房器具、ヒーター・ストーブの選び方


発熱体の種類と安全機能

一番安い暖房器具はコチラへ


発熱体の種類

一番安い遠赤外線暖房器具はこちら

遠赤外線
遠赤外線とは、熱効果が大きく、体に浸透しやすい赤外線のことです。
空気に吸収されにくいため、体の内面から効率よく暖まります。


一番安いセラミック暖房器具を探す

セラミック
セラミックは熱効率が良く、
電源を入力してから温風が出て来るまで早いのが特徴です。

一番安いカーボンヒーターを探す

カーボン
カーボンヒーターは、遠赤外線効果が
ハロゲンランプよりも高いのが特徴です。


安全機能

一番安いロック機能つき暖房器具を探す

ロック機能
ロックをかけた状態で操作スイッチにふれても作動しません。
こどものいたずら防止に最適です。

一番安い自動停止機能つき暖房器具を探す

自動停止・消火機能
一定の燃焼時間を超えたときや、倒れたとき、
地震のときなど、自動的に消火もしくは運転停止になる機能です。

一番安い人感知センサー機能つき暖房器具を探す

人感知センサー機能
センサーで人の有無を感知し、
人がいない場合にパワーを下げることができる機能です。
電気の周波数を変え、パワーを自動調節する装置のことをいいます。
無駄な電気を使うことがなく、効率的な運転ができます。


一番安い除菌イオン暖房器具を探す

除菌イオン

部屋の中には、目に見えない雑菌がたくさん浮遊しています。
こうした雑菌に効果的なのが、「除菌イオン」機能です。
浮遊している雑菌を空中でキャッチし、雑菌の活動を抑制。

また、雑菌が活動しやすい環境になると、
除菌イオン量を増やして放出し、室内の雑菌の増殖を防止します。

空気中に浮遊しているカビ菌をプラスとマイナスの
イオンが包み込みます。
カビ菌を包んだイオンが反応して水酸基ラジカルOHという
反応性の高い物質に変化します。
浮遊カビ菌から水素原子を抜き取り、イオンは水に戻ります。


ひと工夫で上手に省エネ
掃除・保管
フィルター掃除はこまめに フィルターが詰まると
暖房効果が落ちるので、2週間に1度くらいのタイミングで
掃除をしましょう。
掃除機でホコリを吸い取る程度でOKです。
定期的に掃除をすることで、燃費もよくなります。

灯油の持ち越しはやめましょう 灯油は変質しやすく、
古い灯油をそのまま使うと故障の原因になります。
残さずに使い切ってしまいましょう。
やむを得ず持ち越す場合は、冷暗所に保管するようにしましょう。

●設定編
室温が低いところに設置する 窓やベランダ前など、
冷気が入ってくる場所にヒーターやストーブを置くと効率よく
部屋を暖めることができます。

設定温度を1℃さげる 部屋の暖めすぎは、
電気やガスの無駄遣いになります。
温度を低めに設定することで省エネを心がけましょう。






posted by s at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 暖房器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71917837
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。