2012年02月12日

暖房器具の選び方〜オイルヒーター、薪ストーブ(暖炉)の特徴

暖房器具の選び方


オイルヒーター、薪ストーブ(暖炉)の特徴
オイルヒーターの売れ筋ランキング

今、最も売れているオイルヒーターはコチラ

オイルヒーター
オイルヒーターとは、密閉容器内の難燃性の油を電熱器の一種で、
暖めて循環させて、フィン(放熱板)から放熱し、輻射熱によって
部屋を暖める暖房器具のことです。

燃焼を伴わずフィンも高温にはならないために、
火災や一酸化炭素中毒の心配が無く、火傷の可能性も低く
(低温火傷の可能性はある)、子供や老人の居る家庭で
よく使用されています。

燃焼を伴わないため、一酸化炭素・二酸化炭素などが発生しないため、
換気の必要はありません。また、エアコンなどのように風を
発生させないため、埃が立つことも無く、運転音がほとんど無いため、
非常に静かという特徴があります。

密閉容器内の油は交換の必要がなく、またフィルターもないため、
定期的なメンテナンスは不要で、たまに埃を取るぐらいです。

デメリットは自然対流によって部屋を暖めるため、
部屋が暖かくなるまでに時間がかかり、
低い場所が温まりにくいことがあります。

これらはサーキュレーターを併用することである程度改善されます。
暖かくなるまでに時間がかかる上、そもそも効率が良い
暖房器具ではないため、電気代が高くなります。

どちらかといえば、断熱性が高いヨーロッパの住宅で
効果を発揮する暖房器具と言えそうです。

最も安いオイルヒーターを探す


薪ストーブ(暖炉)
暖炉のある生活、イメージだけで購入を考えていませんか?
薪ストーブには、スローライフ、柔らかい本物の暖かさや、
独特の心なごませる雰囲気がありますが、以外に手間ヒマがかかる
ものなのです。

薪ストーブの課題はまず、適切に設置することと設置コストです。
火を使うので、周囲を燃えない材料で囲う必要があり、
煙突も必要になります。

煙突の効果的な排煙を考えると、給気口の設置と24時間換気の
排気設備と干渉しないことも大切です。
メンテナンスでは煙突掃除が欠かせません。

また、薪の確保も重要で、薪の保管場所も必要となります。
灰の処理も適宜必要となるので、かなりの覚悟をして設置する
必要があります。

さらに、煙を発生するので周囲の住民から苦情が出ないような敷地で
あることを確認しておきましょう。火を熾すのも手間がかかる事を
付け加えておきます。

暖房機器としては熱量が大きく遠赤外線も発生しているので、
暖房としては快適で、何より、薪の燃えているのを見ているだけで
心理的にも安らぎます。

最も安い薪ストーブ(暖炉)を探す







posted by s at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 暖房器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。