2011年02月11日

加湿器の人気商品徹底比較

加湿器の人気商品徹底比較



一番安いTAKUMIの加湿器はこちら

TAKUMI(匠) 超音波加湿器 chimney3(チムニー3)
子供やペットがいる、お部屋でも安心な超音波式加湿です。
1.8Lの大容量タンクで、強モードでも6時間、
弱モードなら12時間の連続運転が可能となっています。
おやすみ中も快適に使える静音設計に、
殺菌力の高い銀イオンと濾過機能のダブルフィルター設計です。
安心な転倒自動停止機能と空水時自動運転停止機能付きで、
最大消費電力24Wの省エネ設計が魅力です。


一番安いプラスマイナスゼロの加湿器を探す

プラスマイナスゼロ ±0 スチーム式加湿器 Humidifier Ver3
つなぎ目を丁寧に手作業でなくした上に、艶やかな高光沢塗装が施され
美しいデザインがインテリアアイテムとして溶け込みむ加湿器です。
標準モードの場合、1回の給水で約8時間連続加湿ができます。
長時間モードの場合、1回の給水で約18時間連続加湿が可能です。

お好きなアロマオイルを楽しめるアロマポットも付属しています。
安全を考慮したマグネットプラグが採用されています。
さらに温度が上がりすぎることを未然に防ぐために温度過昇防止
サーミスターと温度ヒューズが採用されています。


一番安いSANYOの加湿器を探す

三洋 加湿器(気化式) CFK-VW700A
水道水を電気分解することにより、除菌効果の高い2種類の活性酸素
を含んだ電解水を生成するシステム「ウイルスウォッシャー」を採用。
この電解水を含んだ加湿フィルターに空気を通過させる
「除菌フィルター方式」で、空気中の浮遊菌やウイルスを抑制。
さらにトレイ内のカビや雑菌の繁殖も抑えます。
より強力に空気を除菌することができ、ご家族の帰宅時など、
外から室内にウィルスを持ち込んだりしやすい時にお使いいただくと、
効果的です。
水を含んだフィルターに風を当てて気化させる「気化
(ヒーターレスファン)式」は、蒸気を出さないから吹出口が
熱くならず、小さなお子様がいるお部屋でも安心して使えます。
蒸気を作るために余分な電気を消費しないので、とても経済的です。


一番安い三菱電機の加湿器を探す

三菱電機 ディスク気化式加湿器 SV-DK807
加湿には「ディスク気化式」を採用。加湿ディスクの表面に親水加工
を施すことでディスクが乾燥しにくく、カルキ成分の付着を
抑制するから、加湿フィルターも交換する必要がありません。

給水のたびに、カルキ濃度の高くなった水を回収しながら新しい水を
補給して、水受けトレイ内のカルキ濃度を低く保つので、
加湿フィルターのお掃除が不要になりました。
水の力でニオイを取る「水脱臭」や
夜でも気にならない静音モード、長時間使っても電気代オトクです。


一番安いの三菱重工加湿器を探す

三菱重工 nanomist SHH55CD
第5世代の加湿器
冬の乾燥空気から、お肌や髪、健康を守る加湿器。
ひとくちに加湿器といってもさまざまなタイプのものがあります。
超音波式、ポット式、スチームファン蒸発式、
気化式(ハイブリッド式)と進化してきた加湿器は、
ついに第5世代“ナノモイスト式加湿”に到達。
ナノテクノロジーによる世界最小ミストが創り出すうるおい空間は、
これまでの加湿の常識を覆すほどの快適さで、単なる加湿器とは
呼びたくない、美容機器の一種とも言えるほどの革命的なものです。


一番安いSHARPの加湿器を探す

シャープ 除菌イオン加湿器 HV-U50CX
水の通り道を簡単にお掃除できる。
清潔な水で加湿できるから、吹き出す風もクリーン。
カビ菌、アレル物質(ダニのふん・死がい)、浮遊ウイルスに効く
「除菌イオン」除菌イオンの単独運転もできます。
立ち上がり時は、ヒーターを併用して加湿量をアップ。
お部屋がうるおったら、自動的にヒーターを切って運転し、
快適湿度をキープします。
見やすく使いやすい操作パネル、運転音が気にならない。

シャープ 除菌イオン加湿器 HV-T70CX/T50CX
雑菌をすばやく除去する「除菌イオン」のシャワー。
空気中のカビ菌を除去。鍋料理後の湿気が気になる時の
カビ菌の繁殖を抑えます。
空気中のアレル物質(ダニのふん・死がい)の作用をしっかりと
抑えます。
新開発の加湿フィルターでフィルター寿命が約2倍になりました。


一番安いNationalの加湿器を探す

ナショナル ハイブリッド(加熱気化)式加湿機 FE-KXC05-W
「ペルチェ式ナノイー」搭載でうるおい効果約2倍
金属微粒子の電位差を利用した除菌技術を採用の
「新イオン除菌ユニット」搭載
スーパーアレルバスター&カテキン&バイオ除菌


一番安いSANYOの加湿器を探す

サンヨー 気化方式加湿器 virus washer CFK-VW700A/VW500A/VW300A
電解水を含んだフィルターを通過させることで、空気中の
ウイルス・菌を抑制。
電解水の除菌効果で加湿水トレイ内のカビの発生やイヤなニオイも
抑えます。タンクは抗菌素材です。


一番安いTIGERの加湿器を探す

タイガー ハイブリッド式マイコン加湿器 ASQ-A500-GE
丸洗いOK! !交換不要の新気化フィルター採用、
「プラズマで除菌」搭載。
円盤状の樹脂プレートを重ねた新構造の気化フィルターを採用。
丸洗いして何度でも使えるので、フィルター交換の手間がなくなりました。
太陽光の除菌力「プラズマで除菌」がお部屋の空気を整えるから、
空気の汚れやカビの発生を抑えることができます。
選べる快適温度「快温快速加湿機能」


一番安いVicksの加湿器を探す

ヴィックス スチーム加湿器MODEL V105C (Vicks)
風邪の予防に最適な安全&クリーン加湿器、静音特許取得。
スチーム式だから、お部屋の温度を下げずに加湿します。
雑菌をばらまかないので、衛生的です。
炭素の電極棒を仕様しており、さび付かず、また壊れにくくなっております。
とても軽いので、スキーなどの旅行のお供にどうぞ。
吹出口に新たに安全ガードを取付けました。これにより、
尚一層吹出し温度が下がりお子様に安全になりました。


一番安いElectroluxの加湿器を探す

エレクトロラックス ハイブリッド加湿器 ミュークヴィート EHF705 (Electrolux)
Electroluxのハイブリッド加湿器 ミュークヴィートは
ただノドや肌を乾燥から守ってくれるというだけでなく、
ミストの温度やミスト粒子の大きさ、
噴き出し方向まで調節できるコンパクトな加湿器です。
空焚き防止機能でおやすみの時も安心な安全設計。


一番安いDelonghiの加湿器を探す

デロンギ ボネコディスク型気化式加湿器 ディスクエバポレーター 1355WH(Delonghi)
乾いた空気をディスクで湿らせ加湿する気化式タイプ。
大きなファンでお部屋の空気をより多く取り込み、空気を浄化。
クールミストと呼ばれる小さな霧状の水分放出のため
小さなお子様のいるご家庭でも安心です。

デロンギ BONECO(ボネコ)ディスク型気化式加湿器ディスクエバポレーター 2055
乾いた空気を回転するディスクを通して湿らせ加湿する気化式タイプ。
気化式のためお部屋の「過加湿」を防ぎます。
電気代は約10円/日(強で運転)と経済的。
シルバースティックの抗菌作用により水槽内の細菌の繁殖を抑えるので衛生的。
また、スチーム式(蒸気式)ではない為、小さなお子様のいる家庭でも安心してご使用いただけます。


一番安いVENTAの加湿器を探す

VENTA(ベンタ)エアーウォッシャー LW24
潤い与えて、快適空間作り。
空気浄化と加湿の1台2役。
フィルターパット不要。
衛星運転で簡単クリーニング。


一番安いBONECOの加湿器を探す

ボネコ(BONECO)ハイブリット型加熱超音波加湿器 Mod.2300
超音波とヒーターのたっぷりとした霧で、お部屋をすばやく加湿。
カルキ対策と抗菌システムも備えた、安心と清潔のハイブリット型。
寝室に最適な、静かで室温を下げない設計。
睡眠中のデリケートな体を乾燥から守ります。


一番安いMaxceliaの加湿器を探す

Maxcelia スチーム式アロマ加湿器 MHA-25
この加湿器は、エッセンシャルオイルをアロマカップに数滴入れる
だけで簡単にアロマが楽しめます。
フィルターは、ボールフィルターを採用しました。
タンクの水が無くなり、蒸発皿内の水が少なくなると、
サーモスタットが作動して運転を自動的に停止!
空焚きの心配はありません。


一番安いDAINICHIの加湿器を探す

ダイニチ ハイブリッド加湿器 HD-5005
脱臭効果のあるアレルバリアフィルターが、
捕らえたダニ・花粉などのアレル物質の活動を抑制します。
移動の際にも片手でラクラク持ち運べます。
引出し式トレイは内部を手軽にお掃除できるので、いつも清潔です。
50%、60%、70%湿度を選んで加湿。
小さなお子様のいたずら防止にチャイルドロック。
セット後、2時間、4時間で運転停止。


一番安いのIWATANI加湿器を探す

イワタニ スチーム式アロマ加湿器 IMT-37SW
2006年度グッドデザイン賞受賞。
アロマケースが付いて加湿をしながら、お好きな香りが楽しめます。
たっぷり400ml/hの加湿量、加湿目安は約7〜11畳。
加湿量2段切り替え機能により、湿度調節可能。
全面に大きな水位計と給水お知らせランプで水の残量確認が簡単
空焚き安全装置付き、安全なマグネットプラグ採用。


加湿器の選び方〜種類と特徴へ



加湿器の選び方〜機能と特徴へ

posted by s at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 加湿器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。