2009年07月18日

浄水器の選び方〜種類と特徴

浄水器の選び方


浄水器の売れ筋ランキングをみる

今、最も売れている浄水器はコレ


昔は蛇口から出る水を、そのまま飲んでいたのに、
いつの間にか、水を買うことが当たり前になってきましたね。

家ではペットボトルの水を飲むと費用も馬鹿にならないので、
浄水器を使って水を飲んでいるという人が増えてきているようです。

浄水器は以下の方にオススメです。

・水道水をもっとおいしく飲みたい。
・料理、お茶、コーヒー等に合う水を探してる。
・本管・枝管が古い。鉛を使用している。
・ビル等で定期的に貯水槽・給水槽をクリーニングしていない。
・井戸水を使用している。(特に50m以内の井戸)

種類と特徴

一番安い蛇口直結型浄水器を探す

蛇口直結型浄水器
簡単で安いので、取り入れやすい浄水器として多くの家庭で
使用されている蛇口直結型浄水器です。とっても小さくて、取り付けも簡単で
便利なのですが、その分カートリッジ交換の頻度が高くなります。
活性炭の量が少ないので、月に1回のペースで交換をしないと、
十分な効果が得られません。

一番安い据え置き型(ホース取り付け型)浄水器を探す

据え置き型(ホース取り付け型)浄水器
蛇口につけるタイプより大きく、シンクに据え置きして使用します。
浄水処理能力が高いので、水もたっぷり使えます。蛇口部分に、
原水・浄水の切り替えコックがついているタイプが多く、簡単に切り替えが
行えます。カートリッジの交換は、年に1回程度で済みます。

一番安いビルトイン型(アンダーシンク型)浄水器を探す

ビルトイン型(アンダーシンク型)浄水器
キッチンのシンク台の下に取り付けるタイプで、浄水専用の蛇口が
設置されます。設置には、大がかりな工事を必要とすることもあります。
カートリッジ交換期間が最も長いとされています。

一番安い蛇口直結型浄水器を探す

元栓直結型浄水器
水道管から各家庭に水が運ばれる給水管の元栓に設置するものです。
家庭で使用する水のすべてが、浄水となります。キッチン以外でも、
お風呂などの水も浄水となるので、髪を洗ったりする際の塩素の影響などを
極端に防ぐことができます。戸建て住宅にしか設置が行えず、
さらに家庭内の滞留水がすべて無塩素状態なるなどの問題があります。

posted by s at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 浄水器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。