2009年05月29日

電話機の選び方〜種類と特徴

電話機の選び方


種類と特徴

売れ筋ランキングを見る
今、最も売れている電話はコレ


今、最も売れているFAXはコレ



一番安い電話機を探す


コードレスタイプ?ベーシックタイプ?

最近では、コードレスタイプが増えてきましたが、
あえてコード付きのベーシックタイプを選ぶことで
デザインや機能の割にはコストパフォーマンスに優れた
電話機を購入することもできます。

通話は子機で行う人は、ベーシックタイプでも問題ないと思います。
FAX、子機なしのコンパクトな電話機の場合は、使い勝手を考えて
コードレスタイプを選ぶと良いでしょう。


一番安い子機付きの電話機を探す

子機

一人暮らしの人やワンルームタイプの部屋に住んでいる人なら、
子機は必要ないかもしれませんね。


一番安いFAXつきの電話機を探す

FAX(ファックス)

最近ではコンビニなどでも気軽にFAXを送ることができるので、
無理にFAX付きのタイプを買う必要は無いかもしれません。

家で仕事をする人やSOHOの人などは必須かと思いますが、
プリンタなどにFAX機能がついている場合もあるので、
あわせて検討してみてください。


一番安いナンバーディスプレイ対応の電話機を探す

ナンバーディスプレイ対応

シンプルなデザイン電話機には、ディスプレイが付いていない
タイプのものも存在します。
ナンバーディスプレイサービスを導入したい人などは、
ディスプレイの有無やサービス対応の可否を、
必ず確認するようにしてください。

また、輸入電話機などはディスプレイが付いていても、
日本語表記が出来ませんので注意が必要です。

アナログ?デジタル?
アナログと比較したデジタルのメリットは、
音質が良い、 盗聴されづらい という点です。

特に盗聴に関しては、アナログのコードレス電話は全く駄目です。
ですので、盗聴が心配ならデジタルにするしかありません。

ですが、デジタルにはデメリットもあります。
国内メーカーのデジタルコードレスフォンは2.4GHzの
電波を使用しています。
これは、一般的な無線LANと同じ周波数なんです。
ですから、電話を使うとインターネット接続に不都合が出たり、
逆にインターネットの利用で電話の通話に支障がでたりします。

これは無線LAN利用者にとっては非常に大きなデメリットですので、
コードレス電話機の購入の際にはご注意下さい。

ビジネスホン、ホームテレホン
電話機のモジュラージャックには“6極2芯”タイプと
“6極4芯”タイプがあり、ビジネスホンや
ホームテレホンで使用するには“6極4芯”のものを
選ぶ必要があります。


電話機の使用感想・レビューを見る









ラベル:選び方 電話機
posted by s at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話、FAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。