2009年07月31日

加湿空気清浄機の選び方〜うるおいエアーリッチF-VXC30 VS クリアフォースMCZ659

加湿空気清浄機の徹底比較


うるおいエアーリッチF-VXC30 VS クリアフォースMCZ659

空気清浄機は花粉やホコリを吸い込んで、
部屋をキレイにしてくれます。
乾燥を防ぐ加湿機能を持つ空気清浄機が、
冬から春にかけても長く使えるために人気です。

松下電器産業の「うるおいエアーリッチF-VXC30」が今は一番の
売れ行きですが、除湿まで併せ持つダイキン工業の
「クリアフォースMCZ659」が上位に迫ってきています。

今回は、この二機種に絞って徹底比較検討をしてみます。


一番安いうるおいエアーリッチF-VXC30を探す

うるおいエアーリッチF-VXC30 松下電器産業
加湿機能に加え、ナノイーで潤いを高めます。空気中の雑菌や
ウイルスなどを押さえ、脱臭作用もあります。

空気の汚れと湿度を検知し、「キレイ運転」と「うるおい運転」を
自動制御します。「新イオン除菌ユニット」で水タンク内の菌の
繁殖を抑えます。

うるおいエアーリッチF-VXC30はのどや肌の乾燥を防ぎ、ほこりを
吸う力で女性や花粉症に悩む人からの支持が高くなっています。
「ナノイー」と呼ぶ水蒸気の粒よりさらに小さい水分を含んだ
イオンを発生し、自然気化と温風気化の二重の過失機能もあって、
高い潤い効果が得られます。ナノイーは肌に水分を馴染やすくし、
従来の加湿器に比べると運転開始30分後の肌水分の変化量が約2倍に
なるそうです。

松下はナノイーを発生させる技術をヘアドライヤーや冷蔵庫などの
家電製品にも使用しています。
集塵フィルターは花粉やダニの死骸など、17種類のアレルギー物質を
とらえて除去します。
また、カーテンなどにしみついたにおいも脱臭できます。
うるおいエアーリッチF-VXC30



一番安いクリアフォースMCZ659を探す

クリアフォースMCZ659 ダイキン工業
1台で除湿と加湿、脱臭、集塵の4機能を持っています。
花粉やにおいなどを分解する「光触媒&ストリーマ放電」や、
取り外して使える再生式脱臭カートリッジも採用しています。
空気の汚れやにおい、湿度をチェックし、結露しやすい高湿度では
自動で除湿運転に切り替える機能もあります。

うるおいエアーリッチが加湿と集塵、脱臭の3機能なのに対し、
急速に存在感を高めているダイキンのクリアフォースは除湿を加えた
4機能を備えた初めての商品になります。
結露や部屋干しといった要望に応えています。
空気の汚れやにおい、湿度をセンサーで計測して最適運転を行い、
結露しやすい高湿度になると自動で除湿運転に切り替わります。
除湿機や加湿器を別に置く必要がないこともあって、小さな子供の
いる家庭に人気があります。
クリアフォースMCZ659

使用感想・口コミ情報
うるおいエアーリッチ
肌や髪の潤い効果が高く、乾燥を気にする情勢の部屋や寝室に最適。
清浄機能は広めのリビングにはやや物足りないが、加湿にこだわる人
に向く1台。
ナノイー機能運転時は高周波音に変わるので、苦手な人は確認した方が良い。


クリアフォース
大風量で集塵・脱臭機能も高く、12畳程度の部屋でも威力を発揮。
高額だが、高機能や7年分のフィルターで納得。
すべての機能を一体化した空調機のため、やや大きく、インテリア性には劣る。
ターボ運転時はやや音が気になる。
調理後のにおい消しや、雨の日の除湿乾燥、結露抑制。部屋干し、
除菌など相乗効果で一年中使える。


もっと感想・口コミ・レビューを読む






posted by s at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 空気清浄機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88005101
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。