2009年05月18日

腕時計の選び方〜用語解説

腕時計の選び方〜用語解説



メンズ腕時計の売れ筋ランキングを見る


腕時計は、さまざまなパーツで作られていて、
それぞれ機能も性能も違います。
また、仕様書には普段あまり使わない専門用語が並んでいます。

「一生もの」となる時計を手に入れたいなら、このような腕時計の
機能、性能にまつわる知識は身につけておいた方が良いでしょう。

ここでは、購入時だけでなく、購入後のメンテナンスにも役立つ
基本的な知識を解説します。


代表的なムーブメントの時計を見る

ムーブメント
動力を生み出すゼンマイやそれを伝える歯車などの、機械式時計の
心臓部を構成する部品のグループを「ムーブメント」と呼びます。

ムーブメントの造作にはブランドのこだわりが凝縮されているので、
時計を選ぶときには外見のデザインだけでなくムーブメントの
特徴にも注目です。


代表的な自動巻きムーブメントの時計を見る

自動巻きムーブメント
日常的な腕の動きによって、「ローター」と呼ばれる扇形の重りが回転し、
ゼンマイを自動的に巻き上げるシステム

インデックス
文字盤上で“時”を表すための数字や記号のこと。インデックスのデザインには「1・2・3」のアラビア数字、「I・II・III」のローマ数字、シンプルな棒のみのバー、●で表すポイントなどの種類がある


代表的なデイト機能の時計を見る

デイト機能
腕時計の付加機能の1つとして搭載されているカレンダー機能のこと。
オーソドックスなタイプは、3時位置に付いた小窓から日付を表示する
スタイル。ほかにも、日付だけでなく月や曜日を表示したり、小窓ではなく
ダイヤル式で表示するタイプなどがある。


代表的なリューズの時計を見る

リューズ
ゼンマイを巻いたり、時刻や日付表示(カレンダー)の調整をするための
パーツ。「クラウン」とも呼ばれる。このリューズにブランドやモデルの
ロゴを刻印するモデルも多い。また、時計内部と直接つながる繊細な
パーツのため、リューズガード(リューズを保護するためのケース形状)
を持つモデルも多くある。

リューズガード
リューズの上下に装備されたリューズ保護のためのパーツ。


代表的なGMTの時計を見る

GMT(GMT針)
24時間で一周するGMT針やディスクで、2つの地域の時間帯を同時に表示する
ことができる機能。「GMT」という名称は、時間の起点であるグリニッジ
標準時(Greenwich Mean Time)が起源。海外旅行・出張をはじめ、
時差を意識しなければいけない海外との取り引きなどで活躍してくれる
便利な機能だ。

バンド
ステンレススティールなどの金属を使用したタイプは「ブレスレット」、
革(レザー)やラバー素材などのタイプは「ストラップ」「ベルト」
などと呼ばれる。

ラグ
バンドとケース本体を連結するパーツ。ブランドやモデルによって
デザインはさまざまである。

ベゼル
時計の印象を大きく左右する、ケースを縁取るリング状のパーツ。
この部品に機能を持たせたモデルの代表がダイバーズウォッチで、
回転式のベゼルに表示された数字で、潜水の経過時間を読み取ることが
できる。

風防
時計の文字盤をカバーするパーツで、現在はキズのつきづらい人工の
サファイアクリスタルガラスが主流。なかには、日付表示の数字を読み
やすくするため、風防の一部を拡大鏡仕様(突起したレンズに加工して
ある)のモデルもある。

ケース
ムーブメントや文字盤などのパーツを収める時計の本体。そのデザインには
ラウンド(丸形)、スクエア(正方形)、レクタンギュラー(長方形)、
トノー(樽型)などがある。また、使われる素材もステンレススティールや
ゴールド(イエロー、ホワイト、ピンク)、プラチナ、チタニウムなど
さまざまで、同じモデルでもケース素材により価格が異なる。
なかには素材をコンビネーションで使用するモデルもある。


代表的なスモールセコンドの時計を見る

スモールセコンド
秒を表示する針を、時・分の針とは独立させたモデル。それぞれの針の
視認性が高くなるという利点と、クラシカルな印象を与えるデザイン性が
特徴。

防水性能
手を洗うなどの日常生活において、時計のケース内へ水や汗などが侵入する
ことを防ぐ性能のことで、一般的に日常生活用防水以上の防水性のことを
指す。主な防水性能は「日常生活防水」「日常生活強化防水」
「潜水用防水」「飽和潜水用防水」がある。機械式時計は防水性や精度を
維持するため、定期的にメンテナンスに出すことも重要。


代表的なシースルーバックの時計を見る

シースルーバック
裏蓋にサファイアクリスタルなどの素材を使い、ムーブメントを見える
ようにしたもの。仕上げにこだわったムーブメントの動きを眺めることは、
機械式時計の楽しみのひとつ。「裏スケルトン」「裏スケ」などと呼ばれる。






posted by s at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。