2009年07月06日

除湿機の選び方〜機能と特徴2

除湿機の選び方〜機能と特徴2


除湿機はジメジメとした梅雨の季節には重宝する家電ですが、
最近は除湿だけではなく、衣類を乾かしたり、冷風を出したりと機能が
多様化しているので、梅雨に限らず一年中使える機種も
多くなっています。

除湿機は構造の違いによって「コンプレッサー式」と「ゼオライト(デシカント)式」に大別されます。

ゼオライト(デシカント)式は、小型・軽量のため、狭いスペースで
使えるのが特徴です。低温の時に能力が落ちるコンプレッサー式と違い、
冬場の結露などにも強みがあります。

ただし、放熱で室温が上がるため、真夏には使いにくいことがデメリットです。

ゼオライト(デシカント)式

一番安いZOUJIRUSHI 除湿機 RV-JB60を探す

象印マホービン RV-JB60
象印マホービンの「RV-JB60」は、幅17.5センチととってもスリムです。
重量も5.3キロと軽めで、湿気の気になる場所に移動させながら使うこと
ができます。

湿度を感知し、自動で運転する機能も備えています。


一番安いSANYO 除湿機 SDH-Z100を探す

三洋電機 SDH-Z10
三洋電機の「SDH-Z10」は、取り外して除湿剤のように押入れやタンスの
中で使える「除湿カートリッジ」を搭載しています。
約60ミリリットルの除湿が可能になっています。

水分を含んだカートリッジは本体に装着すれば乾燥するため、
繰り返し利用できます。


ハイブリッド式


一番安いNATIONAL ハイブリッド方式除湿機F-YHD100を探す

松下電器産業 F-YHD100
ナショナルの「F-YHD100」はコンプレッサー式とゼオライト式の長所を
両方取り入れたハイブリッド式です。夏場の室温上昇と、冬場の能力低下を
ともに抑えているのが特徴です。

送風できる範囲を従来機の約2倍に広げ、2キロの洗濯物を49分で
乾かせます。

方式や機種によって機能が大きく異なるため、用途や使用場所、
使う頻度などに応じて最適な商品を選ぶとよいでしょう。


もっと使用感想、口コミ、レビューを見る


posted by s at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 除湿機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

除湿機の選び方〜機能と特徴

除湿機の選び方〜機能と特徴


除湿機はジメジメとした梅雨の季節には重宝する家電ですね。
最近は室内を快適に保つだけでなく、衣類を乾かしたり、
冷風を出したりと機能が多様化しています。

そのために梅雨に限らず一年中使える機種も多くなっています。

除湿機は構造の違いで「コンプレッサー式」と
「ゼオライト(デシカント)式」に大別されます。

このうち、コンプレッサー式は、大型で重い反面、
消費電力が少ないため電気料金を抑える事が出来ます。

梅雨時に、衣類を乾かすために使うことが多い人にオススメです。


今、最も売れている除湿機はコレ!


コンプレッサー式


一番安いMITSUBISHIの除湿機 MJ-H100CX を探す

三菱電機 MJ-H100CX
三菱電機の「MJ-H100CX」はヒーターを搭載し、スピード乾燥できる
ようにしています。温風と冷風を使い分けながら、約2キロの洗濯物を
50分で乾かす事ができます。


一番安いTOSHIBAの除湿機 RAD-C100DCX を探す

東芝 RAD-C100DCX
東芝の「RAD-C100DCX」は、温度と湿度をセンサーで感知します。
衣類が乾いたころを見計らい、自動的に停止する機能を搭載しています。


一番安いSHARPの除湿機 CV-W80CH コンビニクーラーを探す

シャープ CV-W80CH
シャープの「CV-W80CH」は冷風を出す機能が売りの
「コンビニクーラー」シリーズで、
室温より約14度低い冷風が出せるのが特徴です。
お風呂上りに涼みたい時などにも大変便利な機能です。

また、独自の「除菌イオン」機能で、部屋干しした時の特有のニオイも
抑えられます。



posted by s at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 除湿機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。